図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

4月の一般書


■『漁師志願』

(著/山下篤 新潮社 2007年 Fヤ)

広島宇品沖にある島に漁師の職を求めてきた、性格が正反対の若者2人。2人の奮闘ぶりと、周りの登場人物の人の良さ、瀬戸内の海が爽やかです。

『秀吉の接待』

(著/二木謙一 学習研究社 2008年 210.48ニ)

豊臣秀吉への臣従の礼のため上洛した毛利輝元の日記を、NHK大河ドラマの時代考証を務める著者が解説。豊臣政権の実像と当時の文化が目の前に広がります。

4月のこどもの本


■『モーツァルトくん、あ・そ・ぼ!』

(著/ピーター・シス 徳間書店 2007年 Eモ)

モーツァルトくんは子どものときから音楽の天才。そんなモーツァルトくんの遊び相手は? あなたも音楽が好きになれるかも。