図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

5月の一般書


■『ブランケット・キャッツ』

(著/重松清 朝日新聞社 2008年 Fシ)

もしも猫を3日間レンタルするなら、どんな心境で、何を求めて同じ時を過ごしますか? どこにでもある人間模様と猫をめぐる7つの物語。

『にょっ記』

(著/穂村弘 文藝春秋 2006年 914.6ホ)

世の中にはいろんな人がいて、いろんな思考や言葉が溢れている。それをシュールな笑いに変えてお届けするウソ日記。

5月のこどもの本


■『「なぜ」にこたえる かぞえ方絵事典』

(監修/村越正則 PHP研究所 2006年 J815カ)

日本語特有のもののかぞえ方を、由来とともにわかりやすく解説。友達や家族みんなで楽しめる「かぞえ方クイズ」付き。