図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

11月の一般書


■『ありがとう!栄光の広島市民球場』

(洋泉社 2008年 783.7 ア)

51年の市民球場の歴史、その市民球場で戦ってきた広島東洋カープの歴史を熱く収めた本。他では聞けない往年の大選手のインタビューも満載です。



『子どもに教える 今日はどんな日?』

(高橋司/著 PHP研究所 2006年 386.1タ)

1年間の行事についての由来や内容その他いろいろ興味深い解説が満載。
イラストなどでわかりやすくまとめられ、子どもさんとも楽しめる本です。



11月のこどもの本


■『グッド・ジョブーブ! しごとって、なあに?』

(大滝まみ/絵・文 メディアファクトリー 2005年 Eグ)

毎日が暇だったジョブーブが、仕事を始めるようになって知ったことは?
ジョブーブと一緒に、仕事について考えてみませんか?