図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

6月の一般書


■『季節と暮らす365日』

(日本気象協会/編 アリス館 2009年 451.9キ)

四季折々の行事や風物詩、気象に関する豆知識が365日分つまっています。日めくりのように楽しめる本ですよ。広島の「とうかさん」の記事もあります。




『かまわぬの手ぬぐい使い方手帖』

(河出書房新社編集部/編 河出書房新社 2006年 589.2カ)

手ぬぐいは、ただのハンカチ代わりではもったいない、働き者でお茶目なアイテム! 粋な古典柄からポップな現代柄まで、色んな手ぬぐい、色んな使い方に出会えます。



6月のこどもの本


■『なぞなぞライオン』

(佐々木マキ/作 理論社 1997年 J913)

女の子とライオンのなぞなぞ対決。ヘビとは早口対決で、サイとはしりとり対決! 「古くりの木の古切り口の古くぎ引きぬきにくい」 みんなは言えるかな?