図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

7月の一般書


■『リンゴが教えてくれたこと』

(木村秋則/著 日本経済新聞出版社 2009年 625.2キ)

有機栽培とも違う、農薬も肥料も散布しない自然栽培で、苦難を重ねながらも「奇跡のリンゴ」を実らせることに成功した著者。そのノウハウと自然への畏敬が込められています。




『ぼくは13歳 職業、兵士。』

(鬼丸昌也・小川真吾/著 合同出版 2005年 369.4オ)

子ども兵をご存知ですか? 子どもの力でも扱える小型武器の発達により、紛争地域で子どもたちは兵士として駆り出されています。彼らが未来への希望を見い出せることを願って書かれています。



7月のこどもの本


■『夢の技術を次々生み出す自然界の超能力! 1~5巻』

(鷲見辰美/監修 学習研究社 2009年 J500)

動植物が持つ能力をお手本として、人間がつくりだした技術や道具を紹介します。あれのこんなものがそんなところに使われどんなことに!? 驚きと発見があふれています。