図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

9月の一般書


■『楊家将』

(北方謙三/著 PHP研究所 2003年 Fキ)

約1000年前の中国、建国の苦悩の中にある宋国を懸命に支えた楊一族の熱き闘い。中国では「三国志」「水滸伝」と並ぶ人気を誇る物語を、壮大なスケールで描いています。



『侘助ノ白』

(佐伯泰英/著 双葉社 2009年 Fキ)

NHKドラマで放送中の「居眠り磐音江戸双紙」シリーズ、人気の最新作第30弾。磐音が暮らす道場に旅の武芸者が…。文庫サイズで字も大きい、すぐに引き込まれる時代小説です。



9月のこどもの本


■『モンゴルのむかし話』

(Ch.チメグバータル/監修 籾山素子/訳・再話 PHP研究所 2009年 J929)

はてしなく広がる草原と遊牧生活の中で生きのびる知恵と勇気が込められたモンゴルの昔話。「おしゃれな坊さんをやりこめた話」「領主に頭はあるか?」など草原を生きるための25話を紹介。