図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

2月の一般書


■『wonder wonderful』(上・下巻)

(河上朔/著 イースト・プレス 2008年 Fカ)

異世界旅行ができる妹を持つ、ごく普通の社会人である主人公。妹のピンチにある日突然、異世界に飛び込むことになった主人公の運命は・・・!? 大人も学生も楽しめるファンタジー小説です。



『神楽と出会う本』

(三上敏視/著 アルテスパブリッシング 2009年 386.8/ミ)

日本各地の神楽を体感してきた音楽家でもある著者。本書では厳選された25か所の神楽を写真つきで紹介。また神楽とは何か?から楽しみ方まで、総合的な神楽読本になっています。




2月のこどもの本


■『反撃』

(草野たき/著 ポプラ社 2009年 Y913)

多感な年頃の5人の女子中学生たちが主人公の短編集。理想と現実の間で揺れ動く彼女たちが、ありのままの自分を受け入れるまでを爽快なタッチで描いた青春小説です。