図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

10月の一般書


■『日本を英語でほめてみる』

(成美堂出版編集部/著 成美堂出版 2009年  291/ニ)

日本文化と日本人のよいところが英語で紹介されたユニークな本です。英語は苦手と思われる方も大丈夫!豊富な写真とイラスト・解説付きであなたも英語名人。





■『司馬遼太郎全集 第27巻 世に棲む日日』

(司馬遼太郎/著 文芸春秋 2000年 918.68/シ)

明治維新変革の起爆剤となった長州が舞台。吉田松陰と高杉晋作の物語です。作家として「男の魅力」を追及したいと語った司馬遼太郎の筆づかいが光ります。





10月のこどもの本


■『ものしりプクイチ』

(たかどのほうこ/作 梶山俊夫/絵 教育画劇 2000年  913/モ)

知識ばかりふりかざす生意気なコブタのプクイチ。ふとしたことから雲の上で過ごし大事なことに気づいていきます。何度読んでも大笑い。そしてすがすがしい気持ちになります。