図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

7月の一般書


■『あなたがいる場所』

(沢木耕太郎/著 新潮社 2011年 Fサ)

九つの物語からなる、著者初の短編小説集。各物語に登場する主人公達は、それぞれ悲しい記憶を抱いているが、あるものとの出会いをきっかけに過去を乗り越えていく。





■『ひかり求めて』

(田原米子/著 ダイナミックセラーズ出版 1991年 916タ)

鉄道自殺を図り両足と左腕を失った十七歳の少女が、人生のひかりを求めて生きる感動の実話。中途障害を背負う事で、生きる事の本当の素晴らしさを知る姿が圧巻。





7月のこどもの本


■『あいしているから』

(マージョリー・ニューマン/ぶん パトリック・ベンソン/え 久山太市/やく
評論社 2003年 Eア)

もぐらのモール君が、巣から落ちた小鳥を助ける事で大きく成長する物語。自然や周りの人とどう関わっていけば良いのか、分かりやすく描かれている。