図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

7月の一般書


■『飼い喰い 三匹の豚とわたし

(内澤 旬子/著 岩波書店 2012年 645/ウ)

肉になる前の豚を知りたい。そして味比べをする。屠畜する事にためらいながらも食肉に対する一貫した考えのもと解体して会食することに…。著者が、子豚を育て上げ食すまでの体験レポです。





■『気分上々』

(森 絵都/著 角川書店 2012年 913/モ)

森絵都さんの9つの短編集です。物語の主人公が中学生から大人までと幅ひろく長さもそれぞれですが、どの作品も読みやすいです。感動する話あり。笑える話あり。ほっと、楽しめる作品です。





7月のこどもの本


■『なぜカツラは大きくなったのか? 髪型の歴史えほん

(キャスリーン・クルル/文 ピーター・マローン/絵 宮坂 宏美/訳 あすなろ書房 2012年 E/マ)

表紙にインパクトがあり思わず手にとりたくなる髪型の歴史えほんです。特異な髪型から、かつら、毛生え薬にいたるまで、髪に関わるあらゆるエピソードが紹介されています。大人も楽しめる一冊です。