図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

4月の一般書


■『広島歴史探訪ウォーキング 県内各地で気軽に楽しめるルートガイド

秀巧堂クリエイト/著 メイツ出版 2011年 291.76/ヒ

私たちに身近なしまなみ周辺や世界遺産、県北まで、広島県内の一度は訪ねてみたい歴史ロマン感じる26のウォーキングコースを紹介。各地の見どころやコースの所要時間、周辺地図も掲載されています。






■『生きるぼくら』

(原田 マハ/著 徳間書店 2012年 F/ハ)

かつては「ひきこもり」だった都会の青年が、長野県 蓼科 ( たてしな ) で特殊な米作りに挑戦。仲間と力を合わせて汗を流し、つややかなお米を手にした青年と家族の、爽やかさ溢れる成長と再生の物語です。






4月のこどもの本


■『青い鳥文庫ができるまで』

(岩貞 るみこ/作 講談社 2012年 J020/イ)

皆さんが手にする本って、一体どんなふうにしてできあがるのでしょう。作家や編集者を始めとして、一冊の本が世に出るまでに携わるたくさんの人々の仕事ぶりに、読む人もハラハラドキドキする本です。