図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

6月の一般書


■『残り全部バケーション』

伊坂 幸太郎/著 集英社 2012年 F/イ

闇の仕事を辞めた若い男「岡田」。岡田と偶然に関わる解散寸前の家族、岡田の被害者である五十半ばの男、怖いようでどこか憎めない元仲間達。時々スリリング、時々コミカル、時々温かい連作小説。





■『やる気とか元気がでるえんぴつポスター』

金 益見 /著 文藝春秋 2013年 376.3/キ)

夜間中学校の前に貼り出される「えんぴつポスター」。年齢も出身もバラバラの生徒が書く言葉や字からは、学校に通って勉強ができる喜び、感謝の思い、努力が伝わってくる。著者のコメントにも注目。





6月のこどもの本


■『しぜんにタッチ! こんちゅうかくれんぼクイズ』

(ひさかたチャイルド 2013年 J486/シ)

ある種の虫は、外敵から身を守る為に、「擬態」と呼ばれる方法でさまざまな自然物に姿を似せて自分の身を隠す。そんな虫たちが、木の葉や枝や花の写真の中にいるよ。さあ、見つけられるかな?