図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

7月の一般書


■『天翔る』

村山 由佳/著 講談社 2013年 F/ム

父と行った競馬場で馬の美しさに心奪われた主人公まりも。父が突然亡くなり小学校にもうまく通えなくて苦しかったある日、ふとした出会いから牧場へ通い始めます。北海道弁が新鮮味のある物語です。





■『モネ、ゴッホ、ピカソも治療した絵のお医者さん』

岩井 希久子/著 美術出版社 2013年 724.9/イ

年月による劣化だけでなく、過去の修復跡にも奮闘する…作品を尊重した修復を心がける姿勢が伝わってきます。また、出産・子育て・家族と仕事を持つ女性としての一面も語られています。





7月のこどもの本


■『からすのおかしやさん』

(かこ さとし/作・絵 偕成社 2013年 E/カ)

「からすのパンやさん」40年ぶりの続編が4冊刊行されました。4羽の子どもたちは立派に成長しているでしょうか?この本では、チョコくんが「ひとつやってみるかな」と、はりきっています。他3冊も是非読んでみてください。