図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

9月の一般書


■『花と森の物語』

(森山 晋平/編集・文  パイインターナショナル 2014年 470/ハ

チューリップは昔、美しい妖精でした…。さまざまな花や木の写真とともに語られる物語は、神話などの資料をもとにつくられています。綺麗な花の写真や物語に、花に関する豆知識もあり、とても癒される本です。




■『セーラー服とシャーロキエンヌ 穴井戸栄子の華麗なる事件簿

(古野 まほろ/著 KADOKAWA 2014年 F/フ)

勁草館高校に通う日本帝国最上等の女流探偵・穴井戸栄子は、同級生の古野まほろを助手に事務所を始め、不可思議な事件と出会う。知識と直感を頼りにあとは全て助手任せ!本格探偵小説です。




9月のこどもの本


■『デデとひこうき』

(中川 洋典/作 文研出版 2014 E/デ)

南の島に住むデデは、飛行機が大好きな男の子。でも乗ったことがありません。ある日デデの絵がグランプリに選ばれ、1人で飛行機に乗って町まで行くことに!挑戦する男の子と見守る人々に気持ちがほのぼのします。