図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

10月の一般書


■『83歳の女子高生球児』

(上中別府 チエ/著 主婦の友社 2013年 289.1/カ)

戦争のため学校に通えなかった筆者は、定時制高校に入り学ぶ喜び楽しさを知ります。部活動の野球部では、全国大会を目指すチームを支えます。筆者の全力で取り組む姿に感動する一冊です。




■『利休の茶杓』

(山本 兼一/著 文藝春秋 2014年 F/ヤ)

五十本の茶杓の中から、たった一本の『利休の茶杓』を見つけ出すという、目利き勝負をした芹沢と若宗匠。果たして勝負の行方は…。意外な展開で、あっと驚く時代小説です。




10月のこどもの本


■『わけありリンゴのアップルパイ』

(あさい ゆうこ/作 あべ まれこ/絵 BL出版 2013年 E/ワ)

お母さんの誕生日プレゼントに台風で傷ついたリンゴを買うことになったお父さん。息子のリクとそのリンゴを使って、アップルパイを作ることにします。その味は?心温まるお話です。