図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

2月の一般書


■『tupera tuperaの手づくりおもちゃ
子どもに作ってあげたくなる楽しくてかわいい19作品

(tupera tupera/著 河出書房新社 2014年 750/ツ)

絵本作家ユニット「ツペラツペラ」による愉快なおもちゃのレシピ。男の子も女の子も楽しめるおもしゃはどれも可愛く、身近にある材料で簡単に作れる物ばかり。あなたも楽しい手作りライフを是非!!




■『島はぼくらと』

(辻村 深月/著 講談社 2013年 F/ツ)

瀬戸内に浮かぶ「冴島」。男女4人の高校生を中心に、その家族や島民の日々を描く。島特有の人間関係、Iターンなど、皆悩みを抱えて暮らす中、ある人物が「幻の脚本」の取材に島を訪れるのだが…。




2月のこどもの本


■『フワフワさんはけいとやさん フワフワさんのいちにち

(樋勝 朋巳/文・絵 福音館書店 2014年 E/フ)

毛糸屋さんで働くフワフワさんは毛糸が大好き。今日は編み物教室の日。けれど、帽子に腹巻タイツ、注文を受けていたお客さんが次々と…。あらら、フワフワさん大失敗!今日中に直せるのでしょうか…。