図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

9月の一般書


英雄たちの食卓

 (遠藤 雅司/著 宝島社 2018年 383.8/エ)

 古代・中世・近世、各時代の英雄たちは何を食べていたのか?資料・文献から歴史料理を再現。
 様々な食のエピソードから、英雄たちの人間らしい魅力を感じることのできる歴史料理本。
 『歴メシ!』も併せてお読みください。
 

『食堂メッシタ』

 (山口 恵以子/著 角川春樹事務所 2018年 F/ヤ)

 実在したお店「メッシタ」とその料理人をモデルに「食堂のおばちゃん」が書き上げた小説。
 物語はフィクション、料理は実録。ストーリーよりは料理がメイン。イタリア料理への愛と情熱に満ち溢れた一冊。

9月のこどもの本

『ソフィーのくだものばたけ』

 (ゲルダ・ミューラー/作 ふしみみさを/訳 BL出版 2018年 E/ソ)

 くだものも木の実も、植物の実。どんな風に実がなるのかな。パイナップルは実が一つしかできないよ。
 ピーナッツは花が地面にもぐって、そこで実をつけるよ。
 では、バナナは?お話を読みながら植物の実の知識が身につく絵本です。