図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

11月の一般書


『自衛隊防災BOOK』

 (マガジンハウス/編集 マガジンハウス 2018年 369.3/ジ)

 地震、台風、大雨など、いざというときに知っておきたい100の防災テクニックが、イラストや写真でわかりやすく紹介されています。『静電気のビリビリを防ぐ方法』は、すぐに使えてクスッと笑えます。
 

『私が誰かわかりますか』

 (谷川 直子/著 朝日新聞出版 2018年 F/タ)

 アルツハイマー病のため、様々な症状が出てきた守。守の妻、嫁、親戚、近所の人々など、各章で主人公が替わり、本音が語られます。『介護』『看取り』と いう重いテーマの本ですが、最後には読んで良かったと思える一冊です。

11月のこどもの本

『うずらかあさんとたまご』

 (島野 雫/さく・え 教育画劇 2018年 E/ウ)

 うずらかあさんのたまごが転がって、どこかへ行ってしまいました。出会った 動物たちが「さがしものならてつだおうか」と言ってくれます。(でも私の大事なたまご、食べちゃわない?)最後のページまで、ドキドキしながらお読みください。