図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

3月の一般書


不老不死のクラゲの秘密

 (久保田 信/著 毎日新聞出版 2018年 483/ク)

 ベニクラゲは重症を負っても再生し、老化・老衰しても若返ることができる。
この死なないクラゲに出会うまでの著者の道のりと、生物の進化について辿っていく。クラゲは可愛いだけじゃない!
 

『洗濯(クリーニング)屋三十次郎』

 (野中 ともそ/著 光文社 2018年 913/ノ)

 兄の代わりにクリーニング店の店長を継ぐことになった三十次郎と、先代の時から仕えてきた青い瞳の老職人、長門。
かみ合わない二人のもとには、様々な「染み」をつけた人たちが今日も訪れる。人情味が「沁み」るお仕事小説。
 

3月のこどもの本

『パンのずかん』

 (大森 裕子/作 井上 好文/監修 白泉社 2018年 E/パ)

 くまベーカリーには世界のパンがたくさん集まっている!
丸いパンに四角いパン、具をはさむパンやお菓子パン、あなたの大好きなパンはありますか?
今にも食べたくなるイラストで104種類のパンを紹介。