図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介します。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

6月の一般書


『テニスダブルス勝てるポジショニング・決まるショット』

 (橋爪 宏幸/著 学研プラス 2019年 783.5/ハ)

 日本人の活躍で、注目されているテニス。現役で社会人トーナメント200勝以上の著者が、すぐに使える戦術とテクニックを伝授します。写真、イラスト、DVDで、勝てるポジショニングを手に入れましょう!
 

『いきぢごく』

 (宇佐美 まこと/著 角川春樹事務所 2019年 F/ウ)

 若い恋人を持つ42歳の鞠子は、相続した元遍路宿で、戦前の女遍路が書いたと思われる手記を見つけます。凄絶な欲望と業の深さに苦悩する女遍路と自らの人生が重なって見えた時・・・。後半、加速する展開にハラハラする作品です。
 

6月のこどもの本

『もったいないばあさん かわをゆく』

 (真珠 まりこ/作・絵 講談社 2019年 E/モ)

 もったいないばあさんとぼくは、川の始まりで、ぴちょん、と生まれた川の赤ちゃんについていくことにした・・・。動物や植物、たくさんの命と出会うことで、川を理解し、大切にしようという気持ちが育まれる絵本です。