お知らせ

図書館員のおすすめの3冊

図書館員が、毎月3冊ずつ本を紹介しています。 ここで紹介した本は、三原市立図書館にありますので、ぜひ、ご利用ください。

これまでご紹介した本

各月の下線部分をクリックすると、各月のおすすめの本紹介のページに移動します。

2017年12月 『西郷の首』伊藤 閏/著
『おふくさんのおふくわけ』服部 美法/著
『子どものためのニッポン手仕事図鑑』大牧 圭吾/著
2017年11月 『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」』坪田 聡/著
『金曜日の本屋さん3 秋とポタージュ』名取 佐和子/著
『読みたい心に火をつけろ!学校図書館大活用術』木下 通子/著
2017年10月 『ステージを上げるSNS絶対6ルール』生駒 幸恵/著
『福袋』朝井 まかて/著
『すごいね!みんなの通学路』ローズマリー・マカーニー/文 西田 佳子/訳
2017年9月 『忍者の末裔 -江戸城に勤めた伊賀者たち-』高尾 善希/著
『雑賀の女鉄砲撃ち』佐藤 恵秋/著
『とのさま1ねんせい』長野 ヒデ子・本田 カヨ子/作・絵
2017年8月 『薬害エイズで逝った兄弟―12歳・命の輝き―』坂上 博・鈴木 英二/著
『ときどき旅に出るカフェ』近藤 史恵/著
『海に帰れないイルカ』ジニー・ジャンソン/著 嶋田 香/訳
2017年7月 『はたらく動物と』金井 真紀/文と絵
『晴れ着のゆくえ』中川 なをみ/著
『ぼくのもものき』広野 多珂子/文・絵
2017年6月 『孤独という名の生き方』家田 荘子/著
『失われた地図』恩田 陸/著
『だいち』谷川 俊太郎/詩 山口 マオ/絵
2017年5月 『夜空と星の物語 日本の伝説編』森山 晋平/編著
『本バスめぐりん。』大崎 梢/著
『太陽系のふしぎ109』永田 美絵・八板 康麿/著
2017年4月 『〆切本』左右社編集部/編
『おおあたり』畠中 恵/著
『賢治童話ビジュアル事典』中地 文/監修
2017年3月 『忘れんぼさんへのマナー ―記憶をなくしはじめた愛するひとを最後まで支えるヒント―』 ジョアン・サウアーズ/著
『主夫のトモロー』 朱川 湊人/著
『話したくなる世界の選挙 ―世界の選挙をのぞいてみよう―』
コンデックス情報研究所/編集
2017年2月 『犬が来る病院 ―命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと―』
大塚 敦子/著
『木もれ日を縫う』 谷 瑞恵/著
『だるまちゃんと楽しむ日本の子どものあそび読本』 加古 里子/著
2017年1月 『瀬戸田レモンに恋して』 国吉純/著
『深泥丘奇談 続々』 綾辻行人/著
『わたし、お月さま』 青山七恵/文 刀根里衣/絵
2016年12月 『ハリー・ポッター魔法グッズ大図鑑』 ジョディ・レベンソン著 松岡佑子/日本語版監修 宮川未葉/訳
『牛姫の嫁入り』 大山淳子/著
『のんびりやのサンタクロース』 山田マチ/作 田中六大/絵
2016年11月 『字幕屋の気になる日本語』 太田 直子/著
『仏像ぐるりの人びと』 麻宮 ゆり子/著
『転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由』 臼井 二美男/著
2016年10月 『かわいいやきもの』 柏木 麻里/著
『西洋菓子店プティ・フール』 千早 茜/著
『あったかいな』 くすのきしげのり/作 片山 健/絵
2016年9月 『疲れたときはホ~ッとひと息 ふくろうの本』 株式会社パブリカ/編著
『向田理髪店』 奥田 英朗/著
『モカと幸せのコーヒー』 刀根 里衣/著
2016年8月 『僕らはソマリアギャングと夢を語る』 永井 陽右/著
『海の見える理髪店』 荻原 浩/著
『ハーネスをはずして』 辻 惠子/著
2016年7月 『三番町のコタカさん 大妻コタカ伝』 工藤 美代子/著
『銀杏(ぎんこう)アパート』 片島 麦子/著
『いそあそびしようよ!』 はた こうしろう,奥山 英治/作 はた こうしろう/絵
2016年6月 『5歳だって女。』 前川 さなえ/著
『神様に一番近い動物』 水野 敬也/著
『なかないでなかないで』 あまんきみこ/作 黒井 健/絵
2016年5月 『恋の名前』 高橋 順子/文 佐藤 秀明/写真
『つまをめとらば』 青山 文平/著
『だれかぼくをぎゅっとして!』 シモーナ・チラオロ/作・絵 おびかゆうこ/訳
2016年4月 『はだれ雪』 葉室 麟/著
『キキに出会った人びと 魔女の宅急便<特別編>』 角野 栄子/作
『うなりやベベン ベベンの紙芝居』 NHK Eテレ「にほんごであそぼ」制作班/編
2016年3月 『よく効く手づくり野草茶』境野 米子/著
『植物たち』朝倉 かすみ/著
『つくしちゃんとすぎなさん』 まはら 三桃/作 陣崎 草子/絵
2016年2月 『明日は、いずこの空の下』 上橋 菜穂子/著
『ごんたくれ』 西條 奈加/著
『はらぺことらたとふしぎなクレヨン』 あまん きみこ/作 広瀬 弦/絵
2016年1月 『マイクロ・ライブラリー 人とまちをつなぐ小さな図書館』磯井 純充/ほか著
『神さまのいる書店 まほろばの夏』三萩 せんや/著
『まぼろしのおはなし』 ハイメ・ガンボア/文
2015年12月 『感情的にならない本 不機嫌な人は幼稚に見える』和田 秀樹/著
『朝が来る』 辻村 深月/著
『アカシア書店営業中!』 濱野 京子/作 森川 泉/絵
2015年11月 『自閉症の僕の七転び八起き』東田 直樹/著
『武士道ジェネレーション』誉田 哲也/著
『おばあさんのしんぶん』 松本 春野/文・絵 岩國 哲人/原作
2015年10月 『認定こども園の時代』無藤 隆/著
『世界の果てのこどもたち』 中脇 初枝/著
『せんそうしない』 たにかわ しゅんたろう/ぶん
2015年9月 『私は、100歳 世界最高の現役スイマー』長岡 三重子/著
『認知の母にキッスされ』ねじめ 正一/著
『みらいへ』いのちのまつりシリーズ 草場 一壽/作 平安座 資尚/絵
2015年8月 『宿坊さんぽ』上大岡 トメ/著
『八月の青い蝶』 周防 柳/著
『ぴっぽのたび』 刀根 里衣/著
2015年7月 『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか』大塚 ひかり/著
『幸せ嫌い』平 安寿子/著
『スマホ・パソコン・SNS こどもあんぜん図鑑 よく知ってネットを使おう!』講談社/編 藤川 大祐/監修
2015年6月 『なんたってドーナツ 美味しくて不思議な41の話』 早川 茉莉/編
『群青のとき』今井 絵美子/著
『ルラルさんのぼうえんきょう』 いとう ひろし/作
2015年5月 『図書館をつくる』堀場 弘・工藤 和美/編著 淺川 敏/写真
『花野に眠る』森谷 明子/著 
『カエサルくんと本のおはなし』 いけがみ しゅんいち/文 せきぐち よしみ/絵
2015年4月 『漂流郵便局 届け先のわからない手紙、預かります』久保田 沙耶/著
『鬼はもとより』青山 文平/著
『鹿の王 上・下』 上橋 菜穂子/著
2015年3月 『ねこ背を治したいにゃー』はませ のりこ/著
『BIBLIO MYSTERIES 2』ローレン・D.エスルマン 他/著 
『ラッコのひみつ』 池田 菜津美/文 松橋 利光/写真 神田 めぐみ/イラスト
2015年2月 『tupera tuperaの手づくりおもちゃ
子どもに作ってあげたくなる楽しくてかわいい19作品』
tupera tupera/著 
『島はぼくらと』辻村 深月/著
『フワフワさんはけいとやさん フワフワさんのいちにち』
樋勝 朋巳/文・絵
2015年1月 『守貞謾稿図版集成』〔普及版〕 上・下 喜多川 守貞/著 高橋 雅夫/編著
『天下、なんぼや。』吉川 永青/著
『赤のはんたいは?』 宮下 すずか/作 市居 みか/絵
2014年12月 『おとな観察図鑑 大きくなったら身につけたい“おとなの技”』
こども記者クラブ/著
『ふるさと銀河線 軌道春秋』高田 郁/著
『図書館のトリセツ』
福本 友美子/著 江口 絵里/著 スギヤマ カナヨ/絵
2014年11月 『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』渡邉 格/著
『吉野北高校図書委員会』山本 渚/著
『みずうみ』千葉 智江/ぶん・え
2014年10月 『83歳の女子高生球児』上中別府 チエ/著
『利休の茶杓』山本 兼一/著
『わけありリンゴのアップルパイ』あさい ゆうこ/作 あべ まれこ/絵
2014年9月 『花と森の物語』森山 晋平/編集・文 パイインターナショナル
『セーラー服とシャーロキエンヌ 穴井戸栄子の華麗なる事件簿』
古野 まほろ/著
『デデとひこうき』中川 洋典/作
2014年8月 『明治の細密工芸 驚異の超絶技巧!』山下 裕二/監修
『犬と、走る』本多 有香/著
『こどもたちへ まどさんからの手紙』まど みちお/文 ささめや ゆき/絵
2014年7月 『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』佐々木 健一/著
『おい!山田』安藤 祐介/著
『おしりたんてい ププッ ちいさなしょちょうのだいピンチ!?』 トロル/さく・え
2014年6月 『くもりときどき晴レル』岩瀬 成子/作
『その物言い、バカ丸出しです 「軽く見られない」話し方』梶原 しげる/著
『うさぎじまのうさぎちゃん』 福田 幸広/しゃしん ゆうき えつこ/ぶん
2014年5月 『サンフレッチェ情熱史 降格・経営危機を乗り越えた「逆境のヒストリー」』中野 和也/著
『はなとゆめ』冲方 丁/著
『あみだだだ』 谷川 俊太郎/ぶん 元永 定正/え
2014年4月 『日本人に遺したい国語 101歳最後の授業』橋本 武/著
『優しい死神の飼い方』知念 実希人/著
『おしゃれさんの茶道はじめて物語』 永井 郁子/著
2014年3月 『別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った』
宇都宮 直子/著
『ヒカルの卵』森沢 明夫/著
『りんごかもしれない』 ヨシタケ シンスケ/作
2014年2月 『おじさん追跡日記』なかむら るみ/絵・文
『その青の、その先の、』椰月 美智子/著
『サザエさんと日本を旅しよう!アニメ「サザエさん」放送45周年記念ブック』 扶桑社
2014年1月 『翼がくれた心が熱くなるいい話 JALパイロットの夢、CAの涙、地上スタッフの矜持…』志賀内 泰弘/著
『虹の岬の喫茶店』森沢 明夫/著
『えんぎもん』青山 友美/作
2013年12月 『ぼくは、図書館がすき 漆原宏写真集』漆原 宏/著
『総理の夫』原田 マハ/著
『世界で一番の贈りもの』マイケル・モーパーゴ/作
マイケル・フォアマン/画 佐藤 見果夢/訳
2013年11月 『プロセス いせひでこ作品集』いせ ひでこ/著 
『吾輩はウツである “作家・夏目漱石”誕生異聞』長尾 剛/著
『それなら いい いえ ありますよ』 澤野 秋文/作
2013年10月 『妻がオカン化する理由 旦那が息子化する理由』宇津崎 友見/著
『わたしをみつけて』中脇 初枝/著
『あたしいえでしたことあるよ』角野 栄子/文 かべや ふよう/絵
2013年9月 『ベニシアの京都里山暮らし 大原に安住の地を求めて天翔る』
ベニシア・スタンリー・スミス/著 梶山 正/写真・訳
『天佑なり 高橋是清・百年前の日本国債 上・下』幸田 真音(まいん)/著
『いるのいないの』 京極 夏彦/作 町田 尚子/絵 東 雅夫/編
2013年8月 『よちよち文藝部』久世 番子/著
『リボン』小川 糸/著
『名犬チロリ 日本初のセラピードッグになった捨て犬の物語』大木 トオル/著
2013年7月 『天翔る』村山 由佳/著
『モネ、ゴッホ、ピカソも治療した絵のお医者さん』岩井 希久子/著
『からすのおかしやさん』かこ さとし/作・絵
2013年6月 『残り全部バケーション』伊坂 幸太郎/著
『やる気とか元気がでるえんぴつポスター』金 益見/著
『しぜんにタッチ! こんちゅうかくれんぼクイズ』ひさかたチャイルド
2013年5月 『本の声を聴け ブックディレクター幅允孝の仕事』高瀬 毅/著
『宝くじが当たったら』安藤 祐介/著
『できそこないのおとぎばなし』いとう ひろし/作
2013年4月 『広島歴史探訪ウォーキング 県内各地で気軽に楽しめるルートガイド』
秀巧堂クリエイト/著
『生きるぼくら』原田 マハ/著
『青い鳥文庫ができるまで』 岩貞 るみこ/作
2013年3月 『あなたは人生に感謝ができますか? エリクソンの心理学に教えられた「幸せな生き方の道すじ」』佐々木 正美/著
『十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞』内館 牧子/著
『うどんのうーやん』岡田 よしたか/さく
2013年2月 『オツな日本語 日本人が大切に伝えてきた言葉と心』金田一 秀穂/著
『赤猫異聞』浅田 次郎/著
『おっとどっこいしゃもじろう』 もとした いづみ/作 市居 みか/絵
2013年1月 『とにかく散歩いたしましょう』小川 洋子/著
『ヒロシマ 1 歩き出した日』那須 正幹/作
『世界あちこちゆかいな家めぐり』小松 義夫/文・写真
2012年12月 『じろじろ見てよ 重度脳性マヒのぼくが議員になって』千 一/著
『十六夜荘ノート』古内 一絵/著
『おにのおにぎりや』ちば みなこ/作
2012年11月 『戦争と科学者 世界史を変えた25人の発明と生涯』
トマス・J.クローウェル/著 藤原 多伽夫/訳
『花宴』あさの あつこ/著
『できそこないのおとぎばなし』いとう ひろし/作
2012年10月 『望遠ニッポン見聞録』ヤマザキ マリ/著
『鈴の神さま』知野 みさき/著
『カモのきょうだいクリとゴマ』なかがわ ちひろ/作・絵 中村 玄/写真
2012年9月 『柔らかな犀(さい)の角 山﨑努の読書日記』山﨑 努/著
『チア男子!!』朝井 リョウ/著
『災害救助犬レイラ』 井上 こみち/著 
2012年8月 『片恋のときめき 詩画集「チッチとサリー」 』みつはし ちかこ/著
『オルゴォル』朱川 湊人/著 
『しごとば 東京スカイツリー』 鈴木 のりたけ/作 
2012年7月 『飼い喰い 三匹の豚とわたし』内澤 旬子/著
『気分上々』森 絵都/著
『なぜカツラは大きくなったのか? 髪型の歴史えほん』
キャスリーン・クルル/文 ピーター・マローン/絵 宮坂 宏美/訳
2012年6月 『星に願いを、月に祈りを』中村 航/著
『真夏のオリオン』福井 晴敏/文 網中 いづる/絵
『ひかるさくら』 帚木(ははきぎ) 蓬生(ほうせい)/作 小泉 るみ子/絵
2012年5月 『好奇心ガール、いま97歳 現役写真家が語るしあわせな長生きのヒント』
笹本 恒子/著
『偉大なる、しゅららぼん』万城目 学/著
『木の葉や花をたのしむ12か月』
姉崎 一馬/著 すがわら けいこ/絵
2012年4月 『はげましてはげまされて 93歳正造じいちゃん56年間のまんが絵日記』
竹浪 正造/著
『海辺』レイチェル・カーソン/著 上遠 恵子/訳
『権大納言とおどるきのこ 今昔物語絵本』ほりかわ りまこ/作 
2012年3月 『翁ーOKINA 秘帖・源氏物語』夢枕 獏/著
『天国までの百マイル』浅田 次郎/著
『さんぽのき』 サトシン/作 真珠 まりこ/絵
2012年2月 『困ってるひと』大野 更紗/著
『子どもへのまなざし 完』佐々木 正美/著
『おおきな木』シェル・シルヴァスタイン/作
2012年1月 『知っておきたい100の木 日本の暮らしを支える樹木たち』
田中潔/文・写真
『ほんまにオレはアホやろか』水木しげる/著
『ぬくい山のきつね』最上一平/作 宮本忠夫/絵
2011年12月 『楊逸(ヤンイー)が読む聊斎志異(りょうさいしい)』
楊逸/著 黒田真美子/現代語訳
『神去(かむさり)なあなあ日常』三浦しをん/著 
『1つぶのおこめ さんすうのむかしばなし』デミ/作 さくまゆみこ/訳
2011年11月 『リセット』垣谷美雨/著
『おたがいさま』森まゆみ/著
『ちょろりんのすてきなセーター』降矢なな/さく・え
2011年10月 『レイジ』誉田哲也/著
『お菓子とビール』モーム/作 行方昭夫/訳
『ダーウィンと出会った夏』ジャクリーン・ケリー/作 斎藤倫子/訳
2011年9月 『脱皮コレクション のぞいてみませんか?生き物たちの秘密の時間を。』
岡島 秀治/監修 新開 孝・関 慎太郎/写真
『ドキュメント宇宙飛行士選抜試験』大鐘 良一・小原 健右/著 
『小さな可能性』 マルヨライン・ホフ/著 野坂 悦子/著
2011年8月 『歩きながら考えよう』安藤忠雄/著
『和菓子のアン』坂木司/著
『世界を、こんなふうに見てごらん』日高敏隆/著
2011年7月 『あなたがいる場所』沢木耕太郎/著
『ひかり求めて』田原米子/著
『あいしているから』
マージョリー・ニューマン/ぶん パトリック・ベンソン/え 久山太市/やく
2011年6月 『おしまいのデート』瀬尾まいこ/著
『それでも人生にイエスと言う』V・E・フランクル/著
『うずらのうーちゃんの話』かつや かおり/作
2011年5月 『キャッチコピー力の基本』川上徹也/著
『雨の名前』高橋順子/著
『希望の力』フジコ・ヘミング/著
2011年4月 『完全なる首長竜の日』乾 緑郎/著
『断捨離のすすめ』川畑のぶこ/著
『だって春だもん』小寺卓矢/文・写真
2011年3月 『変わる家族と介護』春日キスヨ/著
『雨にもまけず粗茶一服』松村栄子/著
『笑顔大好き地球の子』田沼武能/著
2011年2月 『ハブテトル ハブテトラン』中島京子/著
『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』荻原規子/著
『鬼が出た』大西廣/文 梶山俊夫ほか/絵
2011年1月 『100km!(ヒャッキロ)』片川優子/著
『三谷幸喜のありふれた生活』三谷幸喜/著
『富士山にのぼる』石川直樹/文・写真
2010年12月 『リーダーはじめてものがたり』播摩早苗/著
『ゆきの日 on Christmas day』菊田まりこ/著
『さすらい猫ノアの伝説』重松清/著 杉田比呂美/絵
2010年11月 『早雲の軍配者』富樫倫太郎/著
『ロード&ゴー』日明恩/著
『言葉はなぜ生まれたのか』岡ノ谷一夫/著 石森愛彦/絵
2010年10月 『日本を英語でほめてみる』成美堂出版編集部/著
『司馬遼太郎全集 第27巻 世に棲む日日』司馬遼太郎/著 
『ものしりプクイチ』たかどのほうこ/作 梶山俊夫/絵
2010年9月 『伊勢丹の最新儀式110番』伊勢丹/著
『弥勒の月』あさの あつこ/著 
『なんのいろ あき』 ビーゲン・セン/作 永井郁子/絵
2010年8月 『西鶴と浮世草子研究VOL.3』杉本好伸/著
『耳で読む読書の世界』二村晃/著
『七福おばけ団』 大島妙子/作
2010年7月 『小さな生きものたちの不思議なくらし』甲斐信枝/著
『三匹のおっさん』有川浩/著
『おっきょちゃんとかっぱ』長谷川摂子/文 降矢奈々/絵
2010年6月 『柳橋物語』山本周五郎/著
『農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ』木嶋利男/著
『おもしろからだことば 頭編・体編』石津ちひろ/作
2010年5月 『雪月花』 草乃 しずか/著
『僕僕先生』 仁木 英之/著
『世界のあいさつ』 長 新太/作
2010年4月 『床屋さんへちょっと』山本幸久/著
『高齢者の毎日できる指遊び・手遊びで機能訓練』大石亜由美
『ハンバーグ ハンバーグ』武田美穂/作
2010年3月 『イザベラ・バード「日本奥地紀行」を歩く』金沢正脩/著
『一夢庵風流記』隆慶一郎/著
『はてしない物語』ミヒャエル・エンデ/著
2010年2月 『wonder wonderful』(上・下巻)河上朔/著
『神楽と出会う本』三上敏視/著
『反撃』草野たき/著
2010年1月 『かくもみごとな日本人』林望/著
『写真集 棟方志功』飯窪敏彦/著
『いのちをいただく』内田美智子/作
2009年12月 『ひとりぼっちの船医奮闘録』内山崇/著
『のぼうの城』和田竜/著
『とらとほしがき』パク・ジェヒョン/作
2009年11月 『ある日、アヒルバス』山本幸久/著
『BOOSUKAのぷらぷら日記』BOOSUKA/著
『もったいないばあさんのいただきます』真珠まりこ/作
2009年10月 『タイムスリップ戦国時代』鯨統一郎/著
『大江戸神仙人』石川英輔/著
『夕ばえ作戦』光瀬龍/作
2009年9月 『楊家将』北方謙三/著
『侘助ノ白』佐伯泰英/著
『モンゴルのむかし話』 Ch.チメグバータル/監修
2009年8月 『大不況には本を読む』橋本治/著
『自然はそんなにヤワじゃない』花里孝幸/著
『砂の妖精』 E・ネズビット/作
2009年7月 『リンゴが教えてくれたこと』木村秋則/著
『ぼくは13歳 職業、兵士。』鬼丸昌也・小川真吾/著
『夢の技術を次々生み出す自然界の超能力!』鷲見辰美/監修
2009年6月 『季節と暮らす365日』日本気象協会/編
『かまわぬの手ぬぐい使い方手帖』河出書房新社編集部/編
『なぞなぞライオン』佐々木マキ/作
2009年5月 『結婚一年生』朝倉かすみ/著
『まこという名の不思議顔の猫』前田敬子・岡優太郎/著
『しごとば』鈴木のりたけ/作
2009年4月 『大林宣彦がんぼう』大林宣彦/語り 阿部久美子/文
『頼山陽 日本外史を読む Ⅰ~Ⅴ』藤高一男/編著
『セカンドウィンド Ⅰ・Ⅱ』川西蘭/著
2009年3月 『おもひでぎょうじ』百瀬義行/絵 柳原一成/監修
『算法少女』遠藤寛子/著
『宇宙においでよ!』野口聡一・林公代/著
2009年2月 『息の発見』五木寛之/著
『戦国の女性たち』小和田哲男/著
『まのいいりょうし』小沢正/文 飯野和好/絵
2009年1月 『枝付き干し葡萄とワイングラス』椰月美智子/著
『スノーフレーク』ケネス・リブレクト/著
『3びきのゆきぐま』ジャン・ブレッド/作
2008年12月 『空へ向かう花』小路幸也/著
『大人のファンタジー読本』やまねこ翻訳クラブ/編
『サンタのいちねん トナカイのいちねん』きしらまゆこ/作・絵
2008年11月 『ありがとう!栄光の広島市民球場』洋泉社
『子どもに教える 今日はどんな日?』高橋司/著
『グッド・ジョブーブ! しごとって、なあに?』大滝まみ/絵・文
2008年10月 『クサナギロン』草剪剛/著
『陽のあたる場所 浜田省吾ストーリー』田家秀樹/著
『大人になる前に身につけてほしいこと』坂東眞理子/著
2008年9月 『折り紙の詩』田島英次/著
『一枚の紙で折る京連鶴』富田瑞穂/著
『飛べ!折り紙トンボ』竹内恒之/作 山中冬二/絵
2008年8月 『少年の輝く海』堂場瞬一/著
『芥川竜之介』(ちくま日本文学全集001)芥川龍之介/著
『かわいいこねこをもらってください』なりゆきわかこ/作
2008年7月 『家庭菜園の不耕起栽培』水口文夫/著
『うつくしく、やさしく、おろかなり 私の惚れた江戸』杉浦日向子著
『ミツバチ』日高敏隆/監修 栗林慧/写真
2008年6月 『トットちゃんとカマタ先生のずっとやくそく』黒柳徹子・鎌田實/著
『きみに読む物語』ニコラス・スパークス/著
『ぞうくんのあめふりさんぽ』なかのひろたか/作・絵
2008年5月 『ブランケット・キャッツ』重松清/著
『にょっ記』穂村弘/著
『「なぜ」にこたえる かぞえ方絵事典』村越正則/監修
2008年4月 『漁師志願』山下篤/著
『秀吉の接待』二木謙一/著
『モーツァルトくん、あ・そ・ぼ!』ピーター・シス/著
2008年3月 『阪急電車』有川浩/著
『仏果を得ず』三浦しをん/著 
『子リスのアール』ドン・フリーマン/著
2008年2月 『十二の嘘と十二の真実』あさのあつこ/著
『南極がこわれる』藤原幸一/著
『からからがらが・・・』高田桂子/著
2008年1月 『過ぎゆくもの』山本容子ほか/著
『風が強く吹いている』三浦しをん/著
『世界の保存食』谷澤容子/著